「竹浪比呂央」


菱友会 下絵
 
阿倍比羅夫 津軽深浦に立つあべのひらふ つがるふかうらにたつ

『日本書紀』によると、七世紀後半の越国(現在の石川から新潟あたり)の国司であった阿倍比羅夫が、
180〜200隻の水軍を率いて、数回にわたり日本海側の地域を北征したとの記述がある。
齶田(あぎた′サ在の秋田)、渟代(ぬしろ′サ在の能代)、さらに津軽方面を平定し、
これらの地方に中央政府の根拠地を確保した比羅夫は、
有間浜(ありまはま)に渡島(わたりしま)の蝦夷らを召集して大饗したという。
西津軽郡深浦町には、東川(あずまがわ)の河口吾妻浜(あずまはま)≠アそ、
このときの有間浜であるという伝説が残っている。

風が風を呼び、波は岩礁(いわ)を叩いて砕け散る。
天翔ける龍王の守護の下、津軽深浦・有間浜に立つ阿倍比羅夫の勇姿である。


菱友会 下絵
 
 
戻る