「竹浪比呂央」




JR

東北の雄 阿弖流為     あてるい

平安時代初期。黄金を求める大和朝廷の度重なる蝦夷侵攻に、

人間の誇りをかけて戦い続けた蝦夷の首領 阿弖流為。

戦いの度に朝廷軍を大敗させてきたが、廷暦二一年(802年)、

北上してきた征夷大将軍坂上田村麻呂が胆沢城(岩手県)を造営し始めると、

これと戦うことなく、同志の母礼と共に一族を率いて投降した。

人心の懐柔や、仏教文化の伝播に努めた田村麻呂との間に堅い絆があり、阿弖流為は身を捨てて平和を選択したのである。

上京後、田村麻呂の懸命の助命嘆願もむなしく、ふたりは斬刑に処せられた。

誇りをかけて守り続けた東北の雄 阿弖流為。

北方の守護神毘沙門天の御加護を得、鬼神をしたがえ奮戦するその勇姿に、

東日本の復興と、この国の安寧を切に祈るものである。


JR

 
戻る