「竹浪比呂央」





菱友会 下絵
 
羅漢らかん

羅漢とは阿羅漢の略称で、一切の煩悩を断ち、修行を完成させた佛弟子の最高の聖者のことである。

昨年、幕末の絵師・狩野一信 筆、東京 芝・増上寺秘蔵の五百羅漢図百幅が初公開され大きな話題となった。

また、本県弘前市、太平山長勝寺蒼龍窟には津軽藩縁の五百羅漢像が安置されている。

巨大地震、台風や大洪水など天変地異による大災害に喘ぎ、苦しむ時、

禽獣と共に神通力を振るい人々の難儀を救う羅漢達。

一たび念ずれば、鉢からは泉のように水が湧き出し、また手にした香炉の煙は赤々とした灯火となって世を照らす。

羅漢の神通力に、東日本の復興と、この国の安寧を切に祈るものである。


菱友会 下絵
 
 
戻る