「竹浪比呂央」


2014 JRねぶた実行プロジェクト
JR

相馬太郎良門 妖術を修る


関東一円を征服し、朝廷に反旗を翻すと自らを『新皇』と称した平将門。

しかし、朝廷の命を受けた同族たる平氏中心の武士団に討ち取られ、無念の最期を遂げた。

戦乱のさなか、辛うじて生き延びた娘は奥州に隠れ住み、名を如月尼と改めた。

その弟であり、将門の嫡男である太郎は幼い頃より、武芸を好み、

馬を駆けては合戦の知識を学び、父、将門を偲ばせる武士へと成長していった。

程なくして太郎は、妖しげな蝦蟇の術を使う仙人 肉芝仙と知り合う。

この仙人から亡き父そして自身の素性を明らかにされると、はや一途に一族の再興を図ろうと一念発起する。

妖術を会得すると、父の出生地である相馬から『相馬太郎良門』と名乗りを上げ、

全国に散らばった同志を捜す旅へ出る。

如月尼は瀧夜叉姫と名を変え、集まった仲間と相馬の古内裏を本拠地として良門を支えた。

繋ぎ馬の旗を掲げ、宿敵である平氏の揚羽蝶紋を敢えて身に纏い、

師たる肉芝仙より授けらるる妖術の修行に心血を注ぐ良門の姿である。

今もなお残る、東日本大震災の爪あとからの復興を切に願い、

避難生活を余儀なくされる人々が、一刻も早くそれぞれの故郷へ帰る(カエル)日が来る事を祈念するものである。



JR

戻る