「竹浪比呂央」


2014 マルハニチロ侫武多会
マルハニチロ

雷神

太古より、自然は人々に豊かな恵みと潤いをもたらして来た。

その一方で、容赦なく天災を引き起こす、怖れの対象でもあった。

それ故、自然には多くの神々が存在すると考えられ、雷に宿る雷神は、五穀豊穣の神として崇め祀られて来た。

雷鳴轟き稲妻が閃光を放てば稲穂が実るとされ、落雷はオオカミに似た雷獣という妖怪が、

天空からものすごい速さで落ちて起こるという。

ねぶたは、雷獣を従え三つ巴の炎の太鼓を打ち鳴らす雷神の姿である。

異常気象や天変地異が増加する昨今、我々は自然の怒りに自らを省み、

雷神の神通力により、平穏な世が続くことを祈り願うものである。




マルハニチロ

戻る