「竹浪比呂央」


JRねぶた実行プロジェクト
JR
津軽海峡 義経飛龍つがるかいきょう よしつねひりゅう

 悲劇の英雄、源九郎(みなもとのくろう)判官(ほうがん)義経(よしつね)。
 実の兄である源頼朝(みなもとのよりとも)から追われ、
 北へと落ち延びるも奥州平泉の地(岩手県平泉町)にて襲撃を受け自ら命を落とした。
 しかしそれより後、人々の間では「義経は生き延びてさらに北を目指した」と、まことしやかに伝えられてきた。
 蝦夷地(えぞち)(北海道)へ渡ろうと、津軽半島の北の果て、三厩(青森県外ヶ浜町)へ辿り着いた義経だったが、
 津軽海峡は暴風が吹き荒れ、波高く、飲み込まれそうなほどおそろしい勢いで潮が流れている。
 とても船を出すことかなわず、進路を絶たれてしまった。
 そこで義経、肌身離さず持っていた観音像を波打ち際の岩上に置き、
 風波が治まるよう、三日三晩、一心不乱に経文を唱え続けた。そして満願(まんがん)を迎えた夜明け。
 義経の前に白髪の老人が現れ、三頭の神通力(じんつうりき)を持った竜馬(りょうめ)を与えると告げると、
 たちまち霞のごとくその姿は消えてしまった。
 岩の上から下りてみると、岩穴に三頭の駿馬(しゅんめ)が繋がれていた。
 授かりし竜馬に跨り、いざ蝦夷地へ向け荒れ狂う津軽海峡を翔け渡らんとする義経とその郎党 武蔵坊(むさしぼう)弁慶の姿である。
 来年に控えた北海道新幹線 新青森〜新函館北斗間の開通による青函圏(せいかんけん)の緊密な交流と更なる繁栄を願い奉るものである。


JR
 
戻る