「竹浪比呂央」


マルハニチロ侫武多会
マルハニチロ
海神と山幸彦わだつみ やまさちひこ

昔々…
兄の海幸彦(うみさちひこ)から借りた釣針を無くした弟の山幸彦(やまさちひこ)は、
どうすることもできず困り果て、海岸に座り込んでいた。
そこへ突如現れた塩椎神(しおつちのかみ)の教えにより、深海に住む大海の主、海神(わだつみ)の宮を訪ねた。
海神は大いに歓迎し、娘の豊玉毘売(とよたまひめ)と結婚させ、山幸彦も時を忘れて日々を楽しんだ。
数年後、深いため息と共に悩みを打ち明けた山幸彦を見た海神は、全ての魚達を集めて調べることにした。
すると、長い間喉の痛みを訴えていた大鯛から、例の釣針が出て来たのである。
鰐鮫(わにざめ)に乗って地上へ帰る山幸彦に、
海神は釣針と、潮の満干を司る霊力を持った『潮盈珠(しおみつたま)』と『潮乾珠(しおひるたま)』を授けた。
釣針を返しに兄のもとへ戻った山幸彦だが、海幸彦は素直に受け取らず争いになる。
山幸彦は海神から貰った珠の効力で降参させ、その後は助け合い仲良く暮らしたのであった。
生命の源である、広大な海。最近は環境汚染が進みさまざまな弊害も起こっている。
この状態が続けば、やがて我々は海神の怒りに触れるであろう。
美しい海を、地球を未来に残すため、これからも自然の大切さを考えていきたい。



マルハニチロ
 
戻る